闇金融で借りたいと思うのはいけない

闇金融で借りるのは危険です

 

借りれない時は焦るけど絶対闇金で借りたらダメだよ!!


 

キャッシングで断られてしまうと闇金融やソフト闇金で借りたくなります。
もうその時点でキャッシングに頼りすぎて借りる事に依存しきっている状態になっています。

 

闇金融もソフト闇金も違法ですので取り立ても金利も合法的な消費者金融とは違います。厳しい取り立てでしつこく何回も電話がかかってきたり、驚きの高利を返済しなければならない仕組みになっています。

 

ここでは闇金やソフト闇金の危険性をお伝えします。
借りたい気持ちも分かりますが、ヤミキンでもいいから借りたいと思うのは人生が壊れます。

 

闇金融の手口には注意

 

いつの時代も問題視されている闇金融、昨今の手口は高利貸しだけではなく実に多岐にわたっています。お金を借りる機会がある方にとってはどんな手口でいつ騙されてしまうかわかりません。そんな手口について確認します。

 

最近はグレーゾーン金利を利用した高利貸しは現行の貸金業法で不可になりましたので、それ以外であれば申請なしで営業している高利貸しがあります。この営業形態は以前から続いているもので審査を通さず貸出をして高金利を長期にわたって絞り出していく手口です。

 

ですが最近はそれだけにとどまらずソフト闇金と呼ばれるものまで登場しています。これは高金利であることは変わりませんが取り立ての方法が従来と異なります。今までが厳しい取り立てだったものに対してソフト闇金は就職先を紹介したり高圧的な態度ではなく話を聞く姿勢で寄り添ってきます。その上で周囲の友人などに連絡をして「相談に乗ってあげてほしい」などと吹聴することで申し訳無さを生み出してお金を支払わせるという手口です。

 

いずれも申請無営業・法外な高金利は違法行為です。これらをわかった上で利用するのもよくありません。その他にも詐欺がらみの闇金なども多数存在するため、利用には注意が必要です。

 

高利貸しってどんなの?

 

ネット上やニュースなどでも「高利貸し」という単語はよく聞きます。ドラマなどの印象が強い方であれば執拗な取り立ての上元本を更に上回る金利の回収を迫ってくる印象も強いかと思います。基本的にはその印相で間違いはありません。

 

現行の貸金業法・出資法では最上限の金利が20%と言われています。ですが以前は出資法が29,2%まで許容されていたためその隙間を利用したグレーゾーン金利を設定してくる業者が多数存在しました。ですがこの時はあくまでも法規制内のため取り締まり対象外でしたが、2010年に施行された貸金業法では双方の法律での最高設定は20%に引き下げられたのです。

 

この20%の金利を犯してそれ以上の金利を徴収するのが高利貸しです。つまり高利貸しとなった段階で法律の順守が確認できませんのですでに闇金融扱いとなります。通常申請を出して認可をもらって営業している貸金業者ではありえない設定の金利で徴収された場合は過払い金返済を受けることは可能ですし業者も取り締まりの対象となります。

 

ただし素人にはなかなか金利の計算は難しいものです。そこに目をつけて高利貸しは貸出を行ってくるので、そうした犯罪の罠に引っかからないよう、常に知識を持ちあわせておくことも大切です。

 

ソフト闇金でお金を借りる前に審査の甘い金融で借りてみよう

 

お金を借りたいけれど既に大手の消費者金融会社に申込みをして審査で断られてしまった時、つい誘惑に駆られてソフト闇金に手を出してしまいたくなるのはわかりますが、そこはグッと堪えて、もっと借りやすい消費者金融会社はないか探してみましょう。

 

ソフト闇金は一見すると闇金よりも借りやすそうなネーミングをしていますが、実態は闇金とほぼ同一です。ソフト闇金の中には闇金よりも悪質な業者もありますので、いくらお金を借りたくても手を出してはいけません。
ソフト闇金からお金を借りることができず、さらに大手からの融資も既に断られてしまったという時は、審査の甘い消費者金融会社を利用してみましょう。消費者金融会社の中には大手にはない独自の審査や甘い審査を実施している業者もあります。

 

金融会社によっては自己破産や債務整理中といったブラックの人にもお金を貸してくれる審査が甘い消費者金融会社もありますので、わざわざソフト闇金を利用しなくても資金を調達することが十分可能です。

 

もちろん、大手よりも審査が甘めに設定されている消費者金融会社は全体的に金利が高めに設定されている傾向がありますが、それでも正規の業者であるため法律の上限金利を超えるような無茶な利息を請求することはありません。

 

ソフト闇金と違い、正規の業者は法外な利息も悪質な取り立てもしませんので、安心して融資を受けることができます。