借金をしたけれど踏み倒せるのか?

借金をなくす方法って?

借金の返済にもう何年も追われている、お金が入ってきても借金の返済に全て充ててしまって今の自分のために使えるお金がない……そんな悩みを抱えている人は沢山いるかと思われます。では、その借金をなくす方法というものは存在するのでしょうか?

 

借金を魔法のように綺麗に消し去る方法というのは、存在しません。自分が過去に借りたお金なのですから、借りた分はちゃんと返さなければいけませんね。
しかし、どうしても返せなかった場合、借金の返済に追われて生活すらも圧迫されている状態ですと、何とかなる方法はあります。それが『債務整理』です。この単語は最近広告やCMなどで見たり聞いたりすることも多くなっているのではないでしょうか。

 

債務整理には任意整理・特定調停・民事再生・自己破産・過払い金返還の5つの種類があり、債務整理を行うと借金が条件付である程度減らせたり、あるいはゼロになったり、過払い分の返還で逆にお金が戻ってきたりもします。こちらの条件は様々なので、どの方法に当てはまるかは個人個人で違ってきます。
一番大事なのは借金を作らないことですが、事情があったり、生活が苦しかったりする場合は債務整理を考えてみてはいかがでしょうか。

 

家族が借金して困る場合

 

借金を何度も繰り返してしまう家族が一人でもいると金銭的な不安がいつも付きまといます。
兄弟や両親、配偶者の親戚の借金も気持ちのいいものではありませんが、配偶者の借金は今後の生活の見通しもつきませんのでとても不安ですね。

 

借金を繰り返す場合どうしたらいいのでしょう。

 

借金夫 更生させたいがどうしたらいい?

 

自身の配偶者がお金に関する悩みを抱えている場合、できることならば更生を手伝いたいところです。ただし、お金に関する相談というのは簡単なようでいて実は奥が深く、生兵法はかえって傷口を悪化させる恐れがあります。

 

本当に夫の借金を解決したいのであれば、その道の専門家に相談するのがもっとも適切な更生方法になります。

 

借金の問題といえば、まず多額の借金を抱えているケースがあります。このようなケースの場合、借金の額がいくらあるのかを的確に把握することが重要になります。

 

借金があまりにも膨大でとても現在の収入では返済できないようなケースでは、すぐにでも債務整理の準備を始めた方が良いです。

 

債務整理をすると確かに信用情報機関に記録が残ってしまい、今後10年はお金を借りるのは難しくなりますが、それはあくまで夫の話であり、配偶者である妻の信用情報は傷つきません。

 

お金の管理は今後奥さんに任せることにしておけば、債務整理によるデメリットはそれほど大きくはないのです。

 

夫を自己破産させ、今後借金できないような状況にもっていくことも借金の問題を解決し、夫自身も更生させる一つの手段になります。

 

ただし、もともとギャンブル癖などがあるようなケースでは、法律よりも心理面でのケアが必要になりますので、更生するにあたってはカウンセラーなどに一度相談することをオススメします。

 

借金 繰り返す 病気

 

一時的に借金をすることは別におかしいことはありません。確かに、万が一の事態に備えて普段から貯金をしておくことは大切ですが、全ての人が社会人一年目から貯金を持っているわけではないからです。

 

人によっては貯金のない状態で新生活を送らないといけないということもあります。貯金がなくてもこれといって大きな問題がなければ毎日平穏に暮らし続けられますが、ちょっとした問題があっても借金をすればすぐにお金に関する問題を解決できます。

 

お金はあって損はありませんし、あればあるほど便利で役立ちます。しかし、いくら便利といっても何度も繰り返して借金をするのは少し問題があります。

 

もしも特に理由もなく、繰り返し借金をしている人がいたら、それは心の病気である可能性があります。

 

ギャンブル依存症などの病気を抱えていると、なかなか浪費癖がなおらず、何度も借金を繰り返すことになります。

 

しかし、そのような生活はいずれ破綻するのが目に見えています。もしも心当たりがあるようであれば、すぐにギャンブルを止めて、カウンセリングを受けるなどの対策をたてておくことをオススメします。

 

借金は確かに厄介な問題ですが、それと同様に心の病気も厄介です。せっかく借金を完済しても、心が病んでいると再び借金をつくってしまうことがあります。しかし、病気より回復すれば今後はお金を借りることもなくなり、平穏な毎日を取り戻すことができます。