給料から天引きされてしまう

給料差し押さえとは

借金などをしている際や税金を納め忘れている状態でよく聞く「給料差し押さえ」、言葉は聞いていても結局どういった状態になるのかというのは知らない方が多いものです。

 

この給料差し押さえというのは該当者が勤務している業者などに対して未納状態を開示した上で強制的に本来徴収しなければならないものを給与から天引きするものを言います。その際に残るお金というのは生活上必要最低限と判断された学しか残してもらえませんので差し押さえにあってしまうと自分の自由に使えるお金というのがかなり制限されてしまうのです。

 

それに差し押さえになるということは未納状態を記録されてしまうので場合によっては信用情報に傷が付いている状態ともなるので少なからず「勝手に税金などを天引きしてくれる」というような便利なものというわけでもありません。

 

給料差し押さえに合う前に支払うべきものはしっかり支払う必要があります。差し押さえになる際の天引き金額は自分自身で選択することも出来ませんので本人の意思にそぐわず必要なお金も差し押さえられてしまう可能性が高いので、今後困ることになるのは当事者です。そうなる前に必要なお金はしっかりと収めていくようにしていく必要があります。

 

借金して返せないと給与差し押さえられる?

 

借金したお金を返せず、そのまま延滞を放置をするといずれ給与を差し押さえられる可能性も出てきます。

 

ただし、厳密には給与を差し押さえるのではなく口座を差し押さえる形になるため、差押後は給与はおろか貯金すらおろせなくなる可能性があります。そのため、借金はできるだけ延滞せず、きちんと期日を守って返済した方が良いです。

 

借金が返せないからといってすぐに差し押さえが行われるということはありません。まずは延滞をしているということで電話での催促や督促状の送付が行われます。

 

催促の結果、返済をすれば延滞はあるものの特に問題なくその場は処理されます。もちろん、延滞した分だけ遅延損害金が発生するため、返済の負担は大きくなりますが、口座を凍結されるといったことはないです。

 

しかし、この催促の連絡を無視し続けると、いずれ債権者側も法律にのっとって差し押さえに動く可能性があります。

 

キャッシングなどの小口の融資の中には無担保無保証人でお金を借りれる金融機関がありますが、担保や保証人がいなくても債権者は債務者に強制執行し、財産を差し押さえることは可能です。

 

一旦差し押さえが始まれば財産を失い、信用情報機関にその記録は残ります。借金を返さないと口座が凍結されるだけでなく財産を失う恐れもあるのです。延滞をしたところでメリットはなく損ばかり招くだけですので、お金を借りる際にはきちんと返済計画をたてておき、延滞せずに返した方が賢明というものです。