おまとめローンの準備

今どれだけ借りているか把握

 

 

おまとめもいいけど債務整理をして人生やり直すって方法もあるからな!


 

ほんの些細なきっかけからキャッシングを繰り返すうちに、いつの間にか複数の業者から借り入れしている事が、当たり前の状況になっている方は意外に多いようです。あまり聞こえの良い言葉ではありませんが、れっきとした多重債務者ということになります。そのうち完済できるはず、といった考えで借金が無くなるのであれば、そもそも多重債務には陥りません。ギリギリまで追い込まれる前に、完済に向けて考えてみませんか。
近年は、銀行や消費者金融において、「おまとめローン」の取り扱いが非常に増えています。複数の業者からの借入れを一本化し、返済しやすくすることが目的の金融商品です。その最大の特徴は、一般的なカードローンやキャッシングよりも、借入利率が低く抑えられている事でしょう。また、消費者金融のカードローンは総量規制の対象ですが、おまとめローンに関してはその例外となりますので、年収の1/3を超える融資でも受けられる事も特徴です。ただし、基本的には返済のみで、追加融資や限度額以内での繰り返しの利用はできません。自動車ローンのような、目的別ローンと考えれば良いでしょう。

 

さて、借入れを一本化するとしても、まずは具体的にどれくらい借入れすれば良いのでしょうか。申し込みの際には、希望融資額を聞かれますので、事前に準備が必要です。借入れを一本化して、返済しやすくすることが目的ですから、融資額は他社の借入れ合計額と同程度となります。収入状況などによっては、それ以上の借入れが可能な場合もありますが、基本的には返済専用ローンと考える方が良いでしょう。
現在の各社の借入れ状況は、必ず確認しておきましょう。契約書などもあれば、より良いでしょうが、通常はそこまで必要としません。毎月の返済の際に、借入残額の記入のある明細を残しておくと良いでしょう。1円単位まで正確である必要はありませんが、せめて数万円単位での残額は把握しておきたいものです。何社から、いくらの借入れをしているか、そのくらいは把握できていないと、おまとめローンの申し込みの際、いい加減な人物かもしれないと、悪印象を与えてしまう恐れもあります。審査の段階で、調べれば分かる事ですから、申告と事実がかけ離れている場合は、虚偽申告と取られる恐れもあります。

 

必要書類は何か

 

次に、実際に申し込む段階で、必要となる書類は何でしょうか。これは、通常のカードローンと大差ありません。免許証などの身分証明書があれば十分です。ただし、それに加えて収入証明書はほとんどの場合必須ですので、こちらも準備が必要です。源泉徴収票や確定申告書、直近数か月分の給与明細書などの内、いずれか一つが必要となります。また、申し込み先によっては、他社の借入れ状況が分かる書類を必要とする場合もあります。

 

借り換えした後の返済計画をしよう

 

めでたく審査に通り、融資を受けられたなら、いよいよ完済に向けての始まりです。まずは他社の借り入れ分を完済してしまいましょう。これは、おまとめローンの融資条件の一つですので、必ず早急に済ませる必要があります。先伸ばしにしていると、当然利息もかさみますが、契約違反と判断され、一括返済を迫られる可能性すらあります。ですから、他社の借入れは一刻も早く完済してしまいましょう。
その後は約定通り、毎月の返済を続けるのみです。借入利率が下がる分、毎月の返済額も少し減るはずです。仮に3社合計200万円の借入れがあった場合、業者にもよりますが、毎月の返済額を3000円程度は減らせるでしょう。その分は可能な限り、繰り上げ返済に充てる事をおすすめします。毎月の返済額以上の金額は、全て元本に充当されますので、少しずつでも効果は絶大です。なにしろ元本が減れば、その分利息も減りますので、毎月の元本充当額がさらに増える事になるからです。
ちなみに、通常のキャッシングやカードローンも同様です。繰上げ返済には、特に手続きを必要としないのが一般的ですので、いつもより多く入金すれば良いのです。臨時収入があれば、その分も可能な限り返済に回しましょう。貯金するのは完済してからの方が、結局のところお得なのです。銀行預金の金利を見れば、その理由はお判りでしょう。

 

まずは借金を完済する事、そこで初めてゼロからの再スタートとなるのです。