お金が無い貧乏生活だけどどうしたらいいのか

お金が無い・貧乏脱出したい

貧乏生活から立ち直りたい

 

 

お金がない生活というのは何かと不便するものです。もちろん節約をした上で楽しい生活を送ることは十二分に可能ですが、病院代や民税などに関してはどうしても節約だけではまかないきれません。そんな状態からの脱却を図る人は少なくありません。

 

まず貧乏生活からの立ち直りに必要な物は何はともあれお金です。ただしここで借入を選択をしてしまってはなりません。借入を行うことでその時は確かに良いかも知れません。ですがその後に返済しなければいけない負債だけたまり、収入は以前のままであればどう考えても支払えるわけがありません。

 

そうではなく、まず仕事の単価を見つめなおすのがよいでしょう。というのも、今の仕事を辞めると言うわけではなく仕事に対しての単価が見合わない文別の仕事を必要とするのか、それとも一人暮らしなのであれば実家で立て直しを計画できないか、はたまた最近な在宅でもできる仕事でそれなりの高収入を見込むことができるものもありますので、それらの検討をしてみるというのもひとつの方法です。少なくとも現状で何もせずに貧乏から急に脱却できる可能性は極めて低いものです。改善を希望するのであればそれ相応の努力と行動が必要なのです。

 

貧乏だけど幸せという考えもある

 

お金が無いと幸せな生活が出来ない。そうおっしゃる方も少なくは無いでしょう。実際にお金さえあれば色んなものが買えますし、色んな所へ出向けますし、いろんな趣味に取り組むことが出来ます。ですが実生活においてお金を使わなくともできる事や遊び、幸せというのはあふれているものなのです。

 

例えば料理を趣味にする場合、これも多少の材料費は掛かりますがどれだけ節約をして美味しいものを作れるかというのを研究している方もいらっしゃいます。それに光熱費においても夏場や冬場で冷暖房が必須になる頃はその体感温度を凌ぐために働きに出て室内労働で家の冷暖房費を浮かせるという考え方もあります。

 

それに友人を招いてご飯をつくろうと言う時もみんなから徴収、と言わずに会費制と伝えてみましょう。そうすることでなんとなく支払う側も心持ちが楽になると言われています。
部屋の掃除だってお金を使わずに集中できて、尚且つ楽しい人は楽しいと思える行動です。掃除が終わった後の部屋を見て満足してみてはいかがでしょうか。

 

こうしてお金が無くてもできることや幸せを感じることは実は簡単な事でもあるのです。無理にお金ばかりを使うのではなく、心のゆとりをなるべく少額で行う方法を考えるのも案外楽しいものです。