ブラックで借りれない時の消費者金融があります!

任意整理 手続きの流れ

 

 

任意整理とは債務整理の1つで、払いすぎている利息分や、これから払う分の利息をなくして返済額を減額する方法を指します。任意整理は個人でもやろうと思えば不可能ではありませんが、やはり専門家にお願いした方が減額も大きくなりますし色々と安心でもあります。

 

では、その任意整理をお願いする時はどういった手続きを踏むのでしょうか。
まず、弁護士や司法書士などお願いする事務所の方に連絡をして、面談などの日付を決めます。この時に債務の内容を確認される事がありますので、簡単でもいいのであらかじめ纏めておきましょう。面談の日に持っていくものなどは指示がありますので、漏れのないように揃えておきましょう。
そして当日の面談になりますが、この時に細かい事を聞き、流れを決めます。返済状況や現在の生活状況なども詳しく説明しましょう。
そしてその場で依頼が決定しましたら、契約書が作成されます。

 

契約を結んだ後は、弁護士や司法書士が依頼人に代わって債権者とやりとりをする事になります。債権者側からの催促なども止められますので、依頼者は安心して法律家に任せてください。催促が止まないなどの困った事があれば、すぐに相談しましょう。

 

任意整理後の月々の支払額はどうやって決めるか?

 

任意整理をするに当たって気になることといえば、減額されるのはいいけれど、では今後は月に幾らずつ支払えばいいのか、その支払額はどうやって決めるのか、ですよね。実際にこの月ごとの返済額は、50万なら幾ら、100万なら幾ら、と明確に決まっている訳ではありません。

 

任意整理後の月々の支払額は、債務者が実際に払えるという金額、月収、生活環境によって違ってきます。弁護士や司法書士と相談して大体これくらいならば、という目処をつけますが、こちらが決めて終わり、ではありません。今度は債権者や金融業者側とのやり取りで、向こうが幾らなら頷いてくれるのかによっても金額は変わってきます。

 

例えば物凄く安い金額、月に2000円ずつ返しますと言っても債権者からは駄目だと言われてしまうでしょう。なので、債権者が最低限このくらいと定めた金額をスタートとして、こちら側とあちら側での話し合いを重ねて最終的な決定がされます。

 

返済金額の他にも返済方法や返済期間の調整もこの時に決定されますので、何ヶ月で返すのか、完全返済にはどれくらいかかるのかを知っておきましょう。返済期間を延ばしたい場合も、この時に交渉することになります。

 

任意整理 途中で返済できないとどうなる?

 

任意整理が無事に終わり、返済額と返済期間も決まりました。しかし、その途中で事情があり払えなくなってしまった場合はどうなるのでしょうか?

 

まずは、一時的に返済に間に合わなかった場合ですが、こちらの場合は債権者側に連絡を取れば、代わりに返済回数を押し出す形で増やすという解決策が可能です。債権者にとっても1度の延滞よりは返済を継続していけるということが大切なので、原則として必ず相手の方に連絡をしましょう。
もし連絡もせずに2回の返済を滞らせた場合、規定により任意整理の分割払いが無効になり、一気に全額を払わなくてはならなくなってしまいます。ですので、何らかの事情により遅れる場合は必ず連絡と相談をしましょう。

 

次に、失業などで今後も支払っていけるかどうかが分からなくなってしまった時ですが、この場合は再度任意整理を行っても減額は渋られる場合が多いのです。
他からの援助もなく完全に支払えない場合は、再度の個人再生や自己破産をする必要があります。この場合も無断で2回の延滞が起きた場合は全額が一括払いになってしまうので、まずは任意整理の時にお願いした、こちらの事情をよく知っている弁護士などに相談をしましょう。

 

任意整理は何回できる?

 

任意整理をすると、原則として3年で支払いをすることになりますが、返済額を大幅に減額することが出来ます。それではその任意整理とは、何回出来るのでしょうか。

 

例えば1度任意整理をしたら、その後にまた債務で困っている時にもう出来ないのではないだろうか、と不安になる方は多いようです。ですが、任意整理には回数制限などはなく、何度でも行うことができます。
任意整理は間に裁判所を置かずに弁護士と債権者との間で話し合う和解交渉策なので、回数の規定限度などはありません。

 

しかし何度も繰り返していると、やはり後々は難しくなってくるのも現状です。同じ業者や債権者を相手にする場合ですと、やはり「この人はきちんと返してくれない人だ」と覚えられてしまったり、ブラックリストに載ってしまったりするかもしれません。
そういった業者からは次からは借入が渋られるでしょうし、断られるかもしれません。そして1つの業者にそう思われてしまうということは、同じ業者にもそういった情報が流れると考えておいた方がいいでしょう。
ですので、どうしても困ってるという場合は別ですが、何度でも出来るからと言って安易に任意整理をするのは避けましょう。