民事再生したけどキャッシング出来るのか?

民事再生とは

債務整理といえば自己破産、と直結して考える方も多いかと思うのですが、自己破産の場合ですとせっかくの高価な財産が没収されてしまいますし、職業面でも制限がかけられてしまうことがあるのです。

 

ですが民事再生であれば自身の負債をカットしながら職業上の制限を受けることなく、且つ高価な財産を没収されずに債務整理を受けることが可能なのです。

 

メリットとしては上記の通りですが、半面にデメリットも存在します。そのデメリットとはまず全ての債務が減免されるというわけではない点です。カットされる減免相場は焼く5分の4といわれており、残りは約3年間で返済しなければなりません。もし決められた金額を決められた年数で返済できない場合は、そのときこそ強制執行されてしまうことが考えられるのです。

 

それに債務整理を行なっていることには変わりませんので実施後5年から10年間はおおむねのローン契約やキャッシング契約が出来なくなるとされています。もちろん利用できるか出来ないかはその事業者によりますが、整理をしなければならないほどの負債を抱えていることを自覚するのであればそれ以上に負債を抱え込もうとしないことが賢明といえましょう。

 

民事再生でもお金を借りたい

 

債務整理をするとその時点から5年から10年間ほどは借り入れなどが出来ないというのはよく言われています。ですが実際には貸出しをするのか否かを判断しているのは事業者側のため、何かの法的拘束力があって貸出しがされていないわけでもないのが実情です。

 

そのため、場合によっては民事再生のような債務整理を行なった後でも返済能力があると判断される場合においては貸出しをしてくれる業者も実は存在しているのです。
その傾向にあるのがおおむね小中規模の消費者金融です。これらの事業者は広告などを大々的に打ち出すことが出来ない代わりに、貸出しの可決率を高めるために返済能力があると判断される方においてはいわゆるブラックの状態の方でも貸出しを許容するケースがあるのです。

 

ただしだからといってどの事業者でも貸出しをしてくれるというわけでもなく、利用審査が通常よりも厳しく執り行われることには変わりません。それに元々返済に苦慮して債務整理を行なっているわけですので、その経緯を踏まえると再度貸出しを受けること自体が賢明なのかどうかの判断もしなければなりません。同じ失敗を繰り返してしまわないように、その貸出しは本当に必要なものなのかどうかしっかり考えてから審査に臨みましょう。