街金の金利や危険性について

街金の金利とは

 

街金だって正規の消費者金融なんだから、あり得ない程高金利な訳じゃないよ!


 

 

貸金業界において、街金の金利はどちらかといえば高めに設定されることが多いです。もっとも金利が低いのは銀行などの金融機関で、次に大手、中堅、零細、そして街金といった順番で金利が高くなっていきます。もちろん、金利が高いといっても実際のところは法律が定める上限金利以内に設定されていますので、ありえないような莫大な利息を請求されることはありません。

 

金利の順番としては街金は高い部類に入るので、お金を借りる時はたいてい銀行や大手の消費者金融会社から申込むのが一般的です。金利の低い金融機関からお金を借りれば、返済の際の負担も少なく済みますので、返済がとても楽になります。

 

誰も余計な費用を払いたくありませんので、金利の低い消費者金融会社をまず先に選ぶのは当然です。しかし、全ての人が銀行や大手を利用できるわけではありません。

 

既に他社債務を抱えいている多重債務者や、過去に延滞や自己破産などの金融事故を起こしたことがある人は信用力が低い人と見なされるため、銀行や大手から融資を断られる可能性があります。ひと度審査を断られてしまうと、他の消費者金融会社に申込みをしても同じように無碍に扱われやすいです。

 

街金は金利こそ確かに高めに設定されていますが、その代わり銀行や大手の審査で断られた人の受け皿という役割を果たします。大手で審査落ちした人でも、街金ならばお金を貸してくれる可能性があります。

 

街金は危険ではない

 

街金というとどこかマイナーで怪しい雰囲気がどうしても拭えませんが、実際にはそのようなことはなく、安心してお金を借りることができます。知名度が低かろうとも街金が正規の業者であることに違いはありませんので、上限金利を超えるような法外な利息を請求されることもありませんし、返済が遅れそうになっても悪質な嫌がらせや脅迫行為を受けることもありませんので、危険はありません。

 

街金は貸金業界において確かに知名度は低いですが、実際は利用者の多い貸金業者です。ではどのような人が利用するのかというと、それは大手に申し込んで審査で断られた人や、過去に自己破産などの金融事故を起こしたことがある人です。

 

このようなブラックの情報がある人に銀行や大手の消費者金融会社が融資することはほとんどありません。ただし、街金は例外です。大手の消費者金融会社から融資を受けられなかった人の受け皿としての役割を果たしている街金の中には、自己破産をした人や多重債務者にもお金を貸してくれる審査が甘い業者もあります。

 

もちろん、信用力の低い人にお金を貸すのですから金利は大手よりも高めに設定されることが多いのですが、少額の融資であればそれほど利息もとられず、すぐに返済することができます。街金に限った話ではありませんが、お金を借りたらきちんと返済計画をたてましょう。そうすれば金利が多少高めであっても計画通りに完済させることができます。