会社から給料がもらえない

会社が給料未払い

通常はありえないことではあるのですが時々ブラックな企業であると何かにつけて給料が支払われないことがあるようです。本来は契約に基づいて働いた分に見合う給料を毎月、もしくは決められたスパンで支払うことが法律で義務付けられているのですが、時々守られていないことがあるようです。

 

もし給料の未払いにあってしまった時、請求を行うことはできるのでしょうか。方法を知らない従事者もとてもいいので術を知っていて損することはありません。

 

まずいちばん有効なのは法律家に相談することです。方法として一番簡単なのは内容証明郵便で支払いなき場合は訴訟を起こす旨の記載を施すのです。その書類も場合によっては行政書士や弁護士の方に執筆してもらうことも可能です。企業としては労働基準法に違反していることを労働基準監督署に通報されると最悪営業停止になることもあるのでそれを避けるために法律に則り給料を支払うしかなくなるというわけです。

 

ですが一人でこの対応をするのは非常に危険です。少しでも不安があったり自分で掛け合うことが難しいと感じる場合には少し料金は必要になりますが法律家に相談するのが一番確実で一番安全な対応方法と言えます。無理せず相談をしてみましょう。