罰金の支払できない

交通違反罰金払えない

交通違反を犯した場合、罰金を払うか起訴されるかのどちらかを選択することになります。たとえ軽度の交通違反であっても法律違反をしているので起訴することはできます。ただし、罰金を払えば軽度の交通違反ならば起訴されることなく終わりますので、面倒事に巻き込まれる前に早く終わらせたいのであれば罰金はすぐに払った方が良いです。

 

では、この交通違反罰金が払えないと具体的にどうなるのかというと、本来の手続き通り刑事事件として処理することになります。つまり、起訴されるということです。

 

刑事事件として起訴されて有罪判決が下った場合、罰金を払うのとは別に前科がつくことになります。どちらにせよ罰金は払うことになるため、前科がつく前に罰金は払いましょう。

 

どうしても交通違反の罰金が払えない場合は分割払いで支払うことも可能です。少額でも良いのできちんと払い続けることで前科をつけずに元通りの生活を送ることができます。

 

ただし、交通違反の罰金はできるだけ早急に支払うことが義務付けられていますので、すぐに払うことが難しい場合は一時的に消費者金融会社を利用するのも一つの方法ではあります。

 

前科は一度つくと一生について回ります。それでしたらまだ消費者金融会社からお金を借りた方が幾分マシと言えますので、交通違反の罰金は素早く確実に支払いましょう。