国民健康保険の滞納するとどうなるのか

国民健康保険 払えない時はどうなる?

納期を過ぎたにも関わらず、国民健康保険の支払いが完了されないと、まずは通知書の送付や電話での催促が始まります。この時点で国民健康保険を払えば特に問題はないのですが、もしもこれらの催促を無視すると、短期被保険者証という期限付きの保険証を送付されます。

 

短期被保険者証を交付されてからさらに1年間国民健康保険の延滞が続くと、次は資格証明書に切り替わります。資格証明書に切り替わると、医療費を一時的に全額自己負担することになります。

 

医療費を全額負担した後に、後日申請をすることで自己負担分以外の医療費分を支給してもらうことができます。申請をすることで最終的に医療費を減らすことはできるのですが、非常に手続きが面倒になります。

 

資格証明書を交付されてからさらに滞納が進むと、次は高額医療費の保険給付が停止、医療費は全額自己負担という状況になります。そのため、突然の事故や病気で高額の医療費が発生した場合、満足な医療サービスを受けられず、最悪心身に支障をきたす恐れがあります。

 

このような状況になってもまだ国民健康保険を払わないと、財産の差し押さえが始まります。口座は凍結され、所有する資産も差し押さえられてしまうため、今まで通りの生活を送るのも困難になります。

 

国民健康保険 滞納の時効について

 

国民健康保険の滞納が続くと、確かに最悪のケースとして財産が差し押さえられます。ただし、国民健康保険料は2年で時効となります。

 

国民健康保険の時効を援用させるためには、滞納が始まった日から時効成立の2年後まで、何事もなく無事に過ぎる必要があります。時効が一旦成立してしまえば国民健康保険を払う義務がなくなります。

 

ただし、国民健康保険の時効は中断させることができます。例えば、支払いを催促する督促状などが送付されれば、それは時効の中断事由になります。時効が中断されると今までの時効分はリセット、もう一度中断時より計算し直す必要があります。

 

督促状以外にも、財産の差し押さえも時効の中断事由になります。国民健康保険を滞納すると、断続的に督促状は送付されますので、2年間中断されずに過ごすことはほぼ不可能です。

 

つまり、国民健康保険の支払い義務を時効で消滅させることは現実的に無理ということです。それに、人はいつ怪我や病気になるかわかりません。万が一のことがあったとき、一番の助けになるのは国民健康保険です。

 

確かにお金を払うのは大変ですが、国民健康保険があるおかげで毎日を健やかに過ごせるのも事実です。どうにかして時効を狙おうとするよりも、きちんと支払い、安心できる毎日を手に入れた方がよほど健康的というものです。