結婚式のお金が足らない

結婚式にはお金がかかる

結婚式の費用はどのくらいかかるのか

 

 

結婚式を挙げるに当たって悩むのは、やはり予算のこと。一生に一度の大切な式ですから、出来れば満足の行くようなものを挙げたいと願うのは普通のことですよね。それでは、他のカップルの結婚式費用は平均的にどれくらいなでしょうか。

 

結婚式は、式場の広さや式の内容などにも左右されますが、70人から80人の招待客がいて、平均的に400万前後かかると言われています。そうなると、結婚式を挙げる夫婦は1人200万の貯金がないと厳しいように思えますが、実際にはご祝儀によるリターンや、ご両親からの援助なども含めると200万までは行かずとも済むとも言われています。

 

結婚式にかかる費用は、式場のレンタル代や招待客の飲食費の他に、会場などを装飾する花や飾りや演出の費用、司会の依頼費、招待状やプログラムにかかる印刷費などがあります。ウエディングドレスのレンタル費がかかる場合もありますね。こちらは当然、新婚旅行の費用や新居の費用などを抜いた純粋な「結婚式」だけの費用です。

 

そして、実は招待客はより多い方が安く済むとも言われているのです。招待客が多ければご祝儀が多くなるので、その分だけリターンが大きくなるということですね。

 

ブライダルローンとは

 

ブライダルローンとは、結婚式に関する費用をまかなうためのローンで、マイカーローンやマイホームローンなどのように目的を定められた用途のためのローンのひとつです。日本ではまだ台頭してきたばかりですが、欧米ではカーローンやホームローンと同じくらいに身近な制度でもあります。

 

一口にブライダルローンといっても、結婚式そのものにかかる費用をまかなうものから、結婚指輪、ハネムーン、新居の引越し費用までカバーするコースもあります。また、その一部だけを利用するというのも可能で、更に通常のキャッシングに比べて金利が低く設定されていますが、その分だけ審査が多少厳しかったりもします。各金融会社の他にも結婚式場側で独自にブライダルローンを行っている所などもありますので、予定の式場のプランナーに相談してみるのもいいですね。

 

人生に一度の自分たちだけの特別な結婚式、理想の結婚式というのは十人十色でしょう。そこにかかる費用もまた同じようにそれぞれ違ってきますね。手持ちのお金ではどうしても理想の式は挙げられそうにない、という方も少なくはないのではないでしょうか。そんな方はブライダルローンを検討してみてはいかがでしょう。

 

ブライダルローンの選び方のポイント

 

欧米ではマイカーローンやマイホームローンのように一般的になっているブライダルローン。ですが、日本だとまだ広く知られておらず、利用するカップルもまだ少ないと言えるでしょう。そのために、いざ利用しようとしてもどこのブライダルローンを選べばいいのかの情報も少なくて困ってしまうこともありますね。ブライダルローンはどういった点で比較をすれば良いのでしょうか。
ブライダルローンには大きく分けて3つの種類があり、連携型、直接振り込み型、貸付型とそれぞれ呼ばれています。

 

連携型は結婚式の会場側が行っているブライダルローンで、費用もその会場側に直接払う形になります。必要経費や予算などが比較しやすくて式の規模・ローンの金額などの見積もりがしやすくなるのではないでしょうか。

 

直接振り込み型は指定の金融機関から直接振り込まれる形式のブライダルローンで、式場や旅行会社などに会社側から振り込まれます。
貸付型は金融会社から借入をしたお金を当人が式場や旅行会社に支払っていく形式で、こちらはどの金額を何に使ったかなどの細かいチェックが入ることが多いです。
自分に合った方式のローンを選び、素敵な結婚式を挙げましょう!