キャッシング申し込み方法

申し込みから借りるまで

最近の消費者金融の利用のしやすさは数年前と比較になりません。以前は書類を送付してしばらく待たなければいけなかったものが今や電話一本で済んでしまったり金融機関に設置されている自動契約機に入れば物の2時間弱でお金を借りることが出来たりと、以前と比べるとその手間の量は一目瞭然です。

 

電話をかけて借りる

 

例えば電話であれば借り入れの申請をします。すると電話でいくつかの質問を受けることになるのですがその内容に真摯に答えていきます。年収、仕事、家族構成、家賃などが主な内容なのですが、それに対して必要書類を要求されるのですが、近年ではメールでの送信などもありますし、専用アプリで書類を送付するなどの方法で確認してもらえるという方法もあります。時間帯によってはそれらの書類で速攻で審査を行い、即日で貸し出してくれる場合もあります。

 

スマホやネットで借りる

 

その他にも上記にも少し出ましたがスマートフォンやネット上での契約もあります。必要書類をカメラなどで読み取って設問を答えていく中で送信をするとそのまま審査を進めてくれます。
スマホを持っている人が多いのでパソコンやガラケーよりもスマホからの申し込み者が一番多いです。スマホはいつでも手元にあるのでスマホがあればいつでも24時間申し込み出来ますね。アプリを利用する場合もあります。カード発行のあるキャッシングでは、カードは自宅への郵送になります。会社によってはカードを発行せず指定の口座に振り込みするところもあります。

 

カードの郵送は送り主の金融名が書かれていなくても絶対嫌だという方は業者の見極めが必要です。

 

自動契約機

 

最近多い方法としては自動契約機を使った契約方法です。銀行などの一角に設置されているような自動契約機の中でガイダンスにしたがって必要な書類をスキャンしつつ、必要があれば設置されている電話機でオペレーターと通話しながら登録を進めていきます、そうすると登録した銀行口座に対して審査後お金が入っており、最近の契約ではおそらくいちばんスピーディーに対応出来るのではないかと思います。

 

急いでいる時にも便利だけど危険もある

 

いずれもスピードを元に対応が編み出されているのですが、これだけ借りやすいと実際にいざというときにわりかしすぐにお金を調達できますし、同じ業者を2回目以降利用するときはこの審査の手間も省けますので最近はグッとお金も借りやすくなったと言えます。

 

ただそれだけにお金に対する危機管理能力が欠けている人も増えてきているのが現状です。すぐにお金が借りられるご時世ですから、困ったらすぐに家の近くの自動契約機に入って審査をしてもらい、その結果でお金を受け取るなんてこともできるわけですから、返すことが出来ないような金額を借りた後の祭りです。

 

しっかりと管理をしたうえで必要な金額を試算し、その上でサービスを利用する必要があります。どの内容でも言えることですが、便利なサービスは必ずしも自分に取ってすべてが有益というわけではありません。金融だってしかり、借りないほうがリスクも負担も少なくて済むのです。