病気で住宅ローンが払えない場合もある

うつ病で住宅ローンが払えない時はどうなる?

うつ病というのは非常に厄介です。現代社会においてブラック企業も多くなったり、ネット社会における人間トラブル、金銭上の多岐にわたる問題などで精神的負担を強いてしまい最終うつ病、パニック障害などを併発してしまうケースが年々増えてきているようです。
その上で仕事ができなくなる方が増えているというのが社会問題ともなっています。

 

そうなった際に元々住宅ローンなどを組んでいた場合は下も子もありません。対応方法を考えなければ通常通り負担が増えてしまいます。でははらえなくなった場合にどうするか、ですが、まずは融資元に返済額の減免を申請しましょう。対応方法は各事業者によるため、相談を必ず行ないましょう。そして収入を確保しましょう。精神疾患の場合は障害者手帳を取得することが可能なケースがあります。そうする事で障碍者年金を取得できたり、生活保護を取得することも出来ます。その範囲内で返済を行ないましょう。

 

住宅ローンなどのいわゆる目的別ローンについてはその負債を債務整理できない場合があります。そのため整理できないものを返済するためのスピードや方法を変えるのが一番問題の少ない解決策でもあるのです。多少は負担が残ることになりますが、返済できないことよりも何とか返済する方法を前向きに考えていきましょう。