学費が足りない

学費が払えないとどうなる?

苦学生という言葉があるように、学校に行くにしてもお金で苦労している方もいらっしゃることかと思います。実際に在学してみると学費と一言で言っても在学費だけではなく教材費なども取り揃えなければならないため、予想よりも金額が嵩むということは実際によくある話です。そこでお金の面でも頓挫してしまうかたというのはいらっしゃいます。

 

お金が支払えなければ当然学校にも在籍し続けることも困難です。そのためお金が全てというわけではありませんが、自分が望む学生スタイルというのには少なからずお金がかかってくるものですよね。

 

ただし、学生だからといっても支払いが出来なければ学校は中退せざるを得なくなります。もちろん奨学金という手もありますが奨学金で全額まかなえるとも限りませんし、場合によっては特待生としての待遇を受けられる可能性もありますが、基本的には学校に残ることが出来ません。そのためなんとしでもお金をよういしなければならないというのは学生でも社会人でも同じといえます。お金を必要とするからといっても簡単にお金が用意できるのであれば誰も苦労しません。そのため学校生活を送るにしても学生のときからお金に対しての計画性というのは常に身に着けておかなければなりません。

 

学費のためにローンを組む

 

学費もそうそう安いものでもないため、支払いにおいては奨学金を借りられる方も多くいらっしゃることでしょう。奨学金は基本的に学校での勤勉性に富む方に貸し出されるものですがローン契約であることには変わりありません。返済をしていかなければならないですし、もっとわかりやすく言えば借金です。返済しなければ信用情報にも傷が入りますし、今後のローン契約やクレジットカード契約などにも影響を及ぼします。

 

それに奨学金は民間の債権管理業者とも提携して債権回収を行なうこともありますので強制力もあります。それに対して滞納者というのも非常に多く、支払いが滞ってしまったことをきっかけに支払いが出来ず、どんどんと支払額が嵩んでしまい強制執行に至ってしまうケースというのも年々起こっているのも事実です。

 

学びたいことを学ぶためのお金であったとしても、その学校にお金を支払うことと、支払うお金を借り入れすることを判断するのはあくまでも本人です。その意志で借り入れしたものを返済しなければ次の奨学生に対しても貸し出すお金が回らず、次の世代に迷惑をかけてしまうことになります。そうしたことがないように社会人としての自覚の一環として、必ず返済は行ないましょう。