外国人のカードローン

外国人でもキャッシングできるか?

外国人の方でも日本に渡航してきてからお金が足りなくなり、キャッシングを利用したいと思う人もいるはずです。ですが外国人にとって日本のキャッシング事情はハードルが高いとされているのです。

 

まず日本語が話せないと対応はまず難しいでしょう。オペレーターとの信頼関係において言葉の壁は残念ながら言い訳になりません。必要な情報を本人から確認できるよう日本語は必須と考えたほうが良さそうです。

 

あとは必要書類等の調達についてです。仮に海外の書類等でも対応可能としている業者であっても身分証明書類や収入証明書類などを発行しなければならなくなった時に日本国籍でなければ当然自国発行になるため即日というわけには行かず、もたついてしまうのが関の山です。持っていたとしてもその内容が事実かどうか、日本国内のものでないと調べるにも時間がかかるためにこの点も厄介なのです。

 

その他海外へ帰国した場合に精算ができないということも考えられます。そうすることで日本での信用情報は登録されますがだからといって別段取り立てることも出来ませんし、音沙汰なしの場合は回収不可債権になってしまうのです。業者として貸倒れ償却となるのは痛い案件ですので、そうした面を総合的に判断し、外国人にサービスを提供しない場合が多いのです。ですが、逆にそれらを許容してくれる業者は大変貴重です。調べれば幾つかヒットしますので、そこにあたってみるのが確実でしょう。

 

外国人でお金を借りるには何が必要か

 

日本人と違い、外国人がお金を借りるためには色々と必要なものがあります。まず、そのお金を借りようとしている人が本当に正当な手続きで日本に来た人かどうかを確認するため、在留カードもしくは特別永住者証明書が必要となります。不法入国者がお金を借りれないのはもちろんですが、それ以外にも短期の滞在を目的に来日した外国人もお金を借りるのは困難ということです。

 

在留カード以外にも、安定した収入の有無を確認されます。これは日本人も同様なのですが、仕事をしてからどの程度の期間が経過しているのか、就労期間によっては審査で落ちる可能性もありますので、仕事はできるだけ長めに続けた方が良いです。

 

外国人が日本でお金を借りるためには、様々な書類の他にお金を借りるにあたって必要な日本語の読解力も求められます。日常会話と違い、融資契約には様々な専門用語や知識が求められますので、きちんと契約内容が理解できるだけの日本語能力が必要となります。

 

たとえ在留資格がある外国人であったとしても、日本にいられる期間が短い外国人は融資を断られる可能性があります。まだ借金がある状態で帰国されてしまっては、消費者金融会社も債権を回収することができず、貸し損となってしまうからです。

 

これらの要件を満たすことで初めて外国人はお金を借りることができます。