借金の踏み倒しは出来ません

消費者金融で踏み倒しする方法ってあるの?

 

「借金を踏み倒す」という言葉はよく聞きますが実際に踏み倒す事はできるのでしょうか。
たとえば友人、知人から借りっぱなしで蒸発してしまう…というのは可能でしょうが消費者金融で借りた場合はどうでしょうか。

 

調べてみるとやろうと思えばできない事も無さそうなのです。
借金の時効は5年間なので、それを過ぎれば返済する義務は無くなりますよね。
その間に消費者金融は法的な手段に出る事もできますが、費用が掛かる為何もせずそのまま時効が成立する場合も結構あるそうで、実際に踏み倒したという人も案外少なく無いようです。

 

とは言え、法的手段に出られた場合には責任を取らなければなりませんし、踏み倒した情報は残りますので今後お金を借りる時やローンを組む時に影響はあるでしょう。
踏み倒そうなどと考えずに、返済した方が良いですね。

 

ブラックリスト情報を解除・消す方法ってあるのだろうか?

 

キャッシング等で事故を起こすと、ブラックリストに載ってしまいまよね。
時々ですが、法律事務所を名乗る怪しい企業が「ブラックリストの情報を消します」という広告を出している事がありますが、本当にブラックリストから名前を解除した人は居るのでしょうか。

 

答えは「NO」です。
万が一の間違いで載ってしまったり、載せた内容に誤りがあれば訂正して貰う事は可能ですが、事実通りに載った情報であれば自ら解除する、という事はできません。
でも、一生リストに名前が載るというわけでは無く、完済したり自己破産の手続きを取れば5年から7年でリストから名前が消えるようになります。

 

結構長い間載る事は免れないのでその間に新たな借り入れをしようと思った時にはブラックでも審査の通りやすいキャッシングサービスがおすすめですよ。

 

借金延滞の言い訳ってどんなのがある?

 

借金延滞の言い訳としてまずもっとも多いのが、ついうっかり忘れていたというケースです。誰でもミスや不注意はあります。どんなに記憶力の良い人であっても、たまたま運悪く返済のことを忘れてしまい、そのまま延滞してしまうこともあります。

 

誰でも不注意やミスがある以上、このことを深く追求することはできません。そのため、キャッシングやカードローンにおいても、数日間だけのわずかな延滞については特に気にもとめず、電話で催促したり督促状を送るだけで済ますことが多いです。

 

遅延損害金は確かに金利と比べると利息が高額になることもありますが、数日の延滞程度であればそれほど大きなコストにもなりませんので、延滞をした側にとっても大きな痛手にはなりづらいです。

 

延滞の言い訳にはこのような不注意が原因というものの他にも、給与の支払いが遅れているなどがあります。

 

借金の返済というのは収入があって初めてできるものです。当然、収入がなければ返済はできず、たまたま祝日や連休が重なった結果給与の支払いが遅れるようなことがあれば、期日までの返済もできません。

 

こればかりは本人の力ではどうしようもできないことですので、このような局面に陥ることが前もってわかっているのであれば、事前に債権者に連絡した方が良いかもしれません。

 

事前に連絡をすることである程度の融通を効かせてくれる金融機関もありますし、なにより連絡をいれておけば万が一の事態が起きても安心できます。