キャッシング会社フクホーは本当に借りれるのか

フクホーについて

 

消費者金融フクホーの口コミ・評判って?

 

消費者金融の「フクホー」は審査が緩く、借り入れがしやすいカードローンという噂がありますよね。
実際はどうなのか、利用した人の口コミを調べてみました。

 

借りられた、ダメだった、一回しか返済していないのに増額の案内が来たなどいろいろありますが

 

「申込みをしてから総量規制の問題で融資は難しいと言われましたがバイトの源泉徴収を追加で提出したら融資して貰えました。
時間は掛かりましたが書類送付後の対応は早かったです」

 

と言う口コミが気になりました。
一度はダメだったそうですが、バイトの収入が証明できたので借りられたのですね。
きっとフクホーの社員さんがいろいろアドバイスしてくれたのでしょう。
この点は、噂通り「柔軟な対応」ですね。

 

その一方「可否の返事が来なかった」「利子が高いので他で借りられそうな人は他を利用した方が良いと思います」という声もありました。

 

フクホー 追加融資 増額 増枠について

 

フクホーは新規借り入れの間口が広く、比較的審査の甘い消費者金融として広く認知されています。しかし、初めから希望した全額の融資を受けられるとは限りません。それではフクホーで追加融資、いわゆる限度額の増額・増枠を受けるにはどんな条件が必要になるのでしょうか。

 

フクホーはブラック状態にある人に対しても柔軟な審査をすることで有名です。つまり新規の借入れは、比較的簡単にできると言えるでしょう。しかし最初から大きな金額を融資する事には慎重なようです。まずは少額の融資で様子を見て、返済の状況を確認する意味もあるのでしょう。つまり試用期間のようなものです。毎月確実に返済し信用を積み上げていれば、いずれ優良な顧客であると認められ融資の増額ができるようになります。これはフクホーに限ったことではありません。

 

具体的には信用とは何を指すのでしょう。大前提となるのが、総量規制にかかっていないことです。これは審査基準どうこうでは無く、法律の問題ですので必須条件です。
次に新規の借入れから最低3か月は必要と思われます。半年経てばまず問題ないでしょう。ただし、その間一度でも延滞があると難しくなります。「約定日に遅れたけど、遅延損害金と共に支払った」ではダメです。約束の日に払い続けてこその信用です。他社の借入れがある場合、そちらについても同様です。

 

そして他社の借入額や件数が増えていない事や、退職や転職の無い事、住所変更の有無も関係してくるでしょう。
これらの条件を慎重に審査したうえで、融資の増額の判断がなされます。限度額の変更を希望するのであれば、それらを見越したうえで信用を積み上げる必要があります。

 

フクホー 在籍確認は必要?

 

消費者金融でお金を借りようとする時、その多くの場合で在籍確認が必須とされています。一般的には電話で在籍確認が行われ、勤務先や自宅連絡先に間違いや偽りが無いかを確認します。一部の業者では、電話での在籍確認を省略することで好評を得ていますが、その代替手段として書類が別途必要になるなど、それなりの手間がかかります。

 

フクホーの場合は電話による在籍確認が必須要件となっています。原則的には審査通過を前提としての最終確認ですが、ごくまれに在籍確認の電話連絡後、融資否決となる事もあるようです。ただし基本的には融資しない人の在籍確認をする意味はありませんので、非常に珍しいレアなケースでしょう。

 

フクホーは大手消費者金融に比べると「柔軟な審査=審査が甘い」として知られますが、それでも在籍確認は必須としているあたりに在籍確認の重要性が伺えます。とはいえ、職場に電話を掛けてきて「フクホーですが、キャッシングの申し込みをした○○さんは、本当にそちらで働いていますか?」などと尋ねる事はありませんのでご安心ください。どこの消費者金融も同じですが、在籍確認とは分らないように個人名で掛けたり、保険の勧誘を装ったりするなどの配慮がなされますので心配ありません。
いずれにしても、在籍確認の電話があれば融資可決は近いでしょう。

 

フクホーキャッシングは安全な消費者金融なの?

 

フクホーは大阪に店舗を持つ消費者金融で、規模としては中堅程度の会社です。決して全国的に名前は通っていませんが、40年以上の歴史を持つ老舗ともいえる正規の貸金業者です。登録番号が「大阪府知事(03)」と若いので矛盾を感じるかも知れませんが、もともとは財務局長登録からの登録変更のため「(03)」と若い数字となっているだけです。

 

貸金業法に基づいて届け出・登録をしている時点で、「法律を守って正しく営業します」という意思表示ですので、全く心配はありません。現在の貸金業法は業者に対して厳しい規制を設けており、違反が見つかれば最悪の場合は廃業に追い込まれます。また貸金業界自身も、貸金業法の改正を機に「日本貸金業協会」という自主規制機関を立ち上げ、協会員の健全な営業を監視しています。

 

フクホーは前述のように大阪府に届出をし、日本貸金業協会にも加盟している真っ当な消費者金融です。ときどき「消費者金融=サラ金=ヤミ金」と勘違いしていたり、「大手貸金業者以外=ヤミ金」という意識を持っていたりする方が見受けられます。しかし、正しくは「ヤミ金=違法に営業している業者」ですので、ヤミ金業者は登録などしていないのです。
これらの事からも明らかなように、フクホーは安心して利用できる消費者金融です。ただ少しマイナーで名前が知られていないだけの事です。

 

フクホーで審査落ちた どうしたらいい

 

大手といわれる消費者金融をはじめ、銀行カードローンなど色々申し込んでみたもののことごとく断られた上、甘いと評判のフクホーにも断られた場合どうしたら良いのでしょう。あとはヤミ金に手を出すしか無いのでしょうか。

 

そんな事はありません。何も審査が甘い消費者金融はフクホーだけではありません。幸い今はインターネットで様々な情報が入手できます。ここでもいくつかご紹介しているように、全国的には知られていなくても、地元に根付いて地道に営業を続ける中小の貸金業者はたくさん存在するのです。

 

確かにフクホーは独自の審査基準とノウハウを持って、大手よりも甘いと言われる審査をします。一方で同じように独自の基準で審査をする中堅消費者金融も数多く存在します。なにもフクホーが飛び抜けて甘いという事ではありません。

 

さらにいえば、中堅の貸金業者が大手とは違う基準で審査するように、小規模の貸金業者は中堅規模の業者とは違う基準を持っています。そのような業者では、以前は貸倒れリスクが高まる分、高い金利を取って貸付けていました。しかし貸金業法の改正以降、上限の貸付金利は最高でも20%に制限され、大手と同じ土俵に立たされたのです。借りる側からすればまさに「改正」です。大手と同じような接客姿勢や利便性は期待できないでしょうが、大手と同じ金利のまま借入れが出来る可能性は十分に残っています。