人気の脱毛エステが高額で払えない

脱毛エステが払えない リボ払い、分割支払いの注意点

最近流行の脱毛エステ、クリニックとして営業している拠点もあればエステティックサロンとして営業しているところもあります。どれも金額や質、効果などに差があるものの技術力と設備利用に対して安くない料金が発生します。そこで利用できるのが分割払いやリボ払いです。ただしこれらの支払いにも気をつけていただきたいことがあります。

 

それは医療行為に近い、もしくは医療行為とされるものに対して効果が均一に出るとは限らないものに対して分割を組むという点です。つまりは効果がなかったとしても対価を必ず支払い続けなければならないということです。

 

先述のとおり脱毛行為というのは低額とはいえない料金がかかります。そのため分割を組む方が多いのですが、効果がないからといって支払いをしない方というもの実際にいらっしゃるものなのです。ですがローン契約は大人としての信用の元に契約をしたものです。それに提供する側のサロン等では必ず効果には個人差があることを提示した上で契約するので、効果がないからといって支払いをしないというのは妥当な理由とはいえないのです。その点を踏まえた上で分割を組んででも行なう価値があるのかどうかをよく考えて契約をしましょう。

 

医療行為はクーリングオフが出来ない

契約ごとにはクーリングオフ制度があったりもします。いくら契約をしたからといっても不当、もしくは契約内容どおりに利用できなかった場合などに返品・返金などを約束される制度ですが、このクーリングオフは医療行為に対しては適用されません。

 

というのも、医療行為は効果が出るかでないかが個体差があるため約束できないためです。最近流行の脱毛サロンなどもそうですし、通常の診療・治療についても同じです。医療行為と呼ばれ身体に対して行なわれる行為について支払われるお金については戻ってこないということを念頭に入れておきましょう。

 

最近でも脱毛サロンやダイエットサロンと呼ばれるような拠点で医療行為を行なうも思ったような結果が出ず、その施術に対して契約した莫大なローン契約に対しての問題というのが多発しており、近年でも問題視されています。その際でもきっちりとしたサロンやクリニックでは施術契約やローン契約を行なう前に必ずその点を伝えて契約するはずですので、しっかりと注意深く説明を聞いていればそのような失敗はないかも知れませんし、仮に自分の望む結果でなかったとしても施術に対してはクーリングオフが出来ないと事前に心つもりがあればそれだけでもだいぶ気持ちの面でも変わるものです。